ペットも大事な家族!ペット火葬に関するよくある疑問を分かりやすく解説

このサイトでは、昨今では当たり前となっているペット火葬について解説をしていきます。
日本は先進国のなかでもペットを飼育するご家庭が多く、大切な家族と見なされる傾向です。
人間よりも寿命が短く、出会いがあれば必ず別れの時も訪れるでしょう。
その別れを丁重にするためには、専門の会社とサービスを活用することになります。
どんな会社があって何をするのか、わからない事やよくある疑問についても見ていくので参考にして頂ければ幸いです。

ペットも大事な家族!ペット火葬に関するよくある疑問を分かりやすく解説

家族同然であるペットの最期を見届けたあとは、ペット火葬をおこなうのが基本です。
現在では首都圏はもちろんのこと、地方でもたくさんのペット火葬サービスがあっていつでも利用することができます。
ペット火葬は犬猫はもちろんのこと、インコや爬虫類・ハムスターにも対応をされています。
家族であるため、丁重に式を挙げたいものですがその場合はペット火葬以外に葬儀を実施する必要もあるので、別途専門会社を頼ることになるものです。

ペット火葬を行う際に準備しておくもの

ペットを飼育している家庭で亡くなった際、人と同じように最後のお別れとしてペット火葬を行う場合も増えてきています。
実際にペット専用の葬儀会社もあり、様々なプランを選び最後のお別れおWする事が可能です。
ペット火葬を利用する場合ですが、事前に準備しておくとよい物も多くあります。
まず準備が必要な物の1つに写真があり、火葬している際に飾る事が可能です。
次に火葬前に棺桶に入れる物として、生前好きだったおやつやご飯なども用意しておくとよいです。
また利用する斎場によっては不要な場合もありますが、飼主が自らお花などを用意しておくのも良いです。
最後のお別れの流れは人とお同じように火葬が行われ、収骨のあとに骨壷に入れてもらう事が出来ます。
その際に必要な物を事前に確認しておくことで、よりスムーズに火葬を進める事が出来ます。
用意しておいても使えない物や不要な物などもあるので、葬儀会社に確認しておく事も重要なポイントの1つです。

ペット火葬の手順は事前に相談しておく

ペット火葬をするときの手順は事前に相談しておくことで、しっかりと把握することができます。
ペット火葬はペットが亡くなったときにサービスを利用することになりますから、最初に業者に連絡をする前に遺体が腐敗しないように対処しないといけないです。
業者に連絡をすると遺体の安置のやり方などについても説明を受けられる筈なので、知識がない場合は最初から業者に連絡をしてしまえば問題ありません。
ペット火葬の手順としては人間の葬式よりも簡易的になっており、少しのお別れの時間を設けてから火葬にスムーズに突入していくことになる筈です。
業者によってはお別れの時間などが用意されていないケースもあるので、事前に説明を受けておかないと驚いてしまう可能性があります。
打ち合わせなどをするときに相談をすることができますし、各自の理想的なペット火葬ができる場所を見つけられる筈なので、最初の業者選びの段階で時間を使うのが何よりも大切です。

ペット火葬のよくあるトラブルとは?

近年、ペットブームの影響もあって、ペットが亡くなった際に人間と同様に火葬をする方が増えています。
一方で、ペット火葬の需要の高まりとともに悪徳な火葬業者も増えているので注意が必要です。
ここでは、悪徳業者を利用した場合にどのようなトラブルに巻き込まれる恐れがあるのかを実例をもとにご紹介していきます。
悪徳なペット火葬業者とのトラブルで最も多いのは、料金に関するものです。
ペット火葬は近年普及してきたサービスなので初めて利用するという方が多く、費用相場が分からないまま火葬業者に依頼してしまう方が少なくありません。
そのような方を狙い、相場よりもはるかに高い費用を請求する業者が存在するので注意が必要です。
さらには最初に提示した金額よりも高い費用を請求し、支払わないと火葬途中で返却するなどと脅してくる業者の存在も報告されています。
また、依頼者から引き取ったペットを火葬せずに不法投棄し、他のペットの遺骨を返却した業者が逮捕されるという事件も実際に起こっています。
加えて、個別火葬を依頼したのに他のペットと一緒に火葬されてしまったというケースもあるので、ペット火葬を検討する際は業者選びを慎重に進めることが大切です。

ペット火葬にかかる費用はどれくらいなの?

ペット火葬は動物の種類と大きさ(体重)により金額が異なりますし、ペット火葬には合同火葬や一任個別火葬、立会個別火葬などの種類があり、火葬の種類によっても金額が変わって来ます。
住まいの住所を管轄している自治体に依頼すると1,000円から1万円程度でペット火葬ができるのですが、遺骨の返却がないのでお墓に安置したい人は公営ではなく民営のペット火葬がおすすめです。
火葬に立ち会いたい、骨上げもしたいとなったときには立会個別火葬がおすすめですが、他の火葬と比べると金額は若干割高になって来ます。
ここでは、犬の種類や体重ごとの費用相場をご紹介しておきましょう。
チワワなど体重が2~5キロ程度で23,000円~25,000円、パグなど5~10キロ程度で27,000円~35,000円、柴犬など10~25キロ程度で37,000円~45,000円が相場です。
ゴールデンリトリバーなど25~40キロになると47,000円~55,000円、40キロを超えるセントバーナードなどでは57,000円以上が相場といいます。

ペット火葬でもお坊さんがお経を唱えるの?

人間の葬儀では、地域内にあるお寺からお坊さんを招いてお経をよんでもらうことが非常に多いですが、ペット火葬ではこれは必須ではありません。
実際に、葬儀をする時間が無い場合や葬儀費用を用意できない場合など、さまざまな事情で火葬と納骨のみで済ませる飼い主は多いです。
しかし、亡くなったペットの冥福を祈るための時間をしっかりととりたい場合や、亡くなった辛さを少しでも和らげて気持ちを整理したい場合は、ペット火葬を行う際に僧侶に読経をお願いすることをおすすめします。
お経も説教も、内容は人間の場合と一緒です。
頼み方も人間の葬儀のときと一緒で、自分自身で直接お寺に依頼する方法と、ペット火葬業者に手配してもらう方法があるので、都合の良い方を選ぶと良いです。
なお、僧侶を招いた場合は御布施を渡す必要があります。
ペット火葬で出すべき御布施の相場は安くて5,000~10,000円程度ですが、人間の葬儀とほぼ同じような形式で行う場合は数万円にもなります。
業者に手配を頼んだ場合は、請求される費用の中に御布施に相当するものが含まれている場合があるので確認しておきましょう。

ペット火葬でも香典は持っていくべきなの?

仲のいい友人のペットが亡くなった時に、香典は必要なのでしょうか?
結論をいいますと、ペット火葬には基本的に不要とされています。
ペット火葬には、香典を渡す習慣がありません。
よほどの理由がない限りはお渡しすることは控えたほうがいいです。
葬儀に参列する場合も、用意する必要はありません。
その代わりに、お花や、ペットが好きだったおやつ、お線香などお悔やみの贈り物を持参してお渡しすることが望ましいとされています。
送り物は、飼い主様の気持ちになって探し、選ぶことが大切です。
それらをお渡しすることで、お悔やみの気持ちを伝えることができ、飼い主様もきっと喜んでくれるでしょう。
また、お悔やみの言葉をかけてあげることが何よりの慰めになりますので、気持ちに寄り添った言葉を伝えることも大切です。
ペットを亡くしてしまった飼い主様の気持ちを考えて、気を遣わせたり、負担になることのないようにしてあげることが何よりも大切なことです。

ペット火葬後の供養はどうすればいいの?

大切なペットが亡くなった際に火葬を行って、遺骨を供養してあげたいという方は非常に多いかと思いますが、そのやり方には様々な方法があるので自分たちが希望する方法を選択しましょう。
ペット火葬後の代表的な供養方法としては、ペット霊園の墓地に埋葬する、ペット霊園の納骨堂へ納骨する、海・山・自宅の庭などに散骨する、遺骨を手元に置いておくといった方法が挙げられます。
墓地への納骨は、個別に埋葬する方法と他のペットと合同で埋葬する方法の2パターンに分けられます。
個別に埋葬する方法は、さらに骨壺ごと納めるケースと、遺骨を埋葬して土に還すケースに分けられますが、現在は人間とペットが同じお墓に入れるプランを提供している霊園も存在しています。
納骨堂への納骨も、個別に行う場合と合同で行う場合の2パターンに分けられますが、納骨堂はアクセスしやすい場所にあるケースが多く、屋内なので天候に影響されずにお参りすることが可能です。
散骨は、費用や維持費がかからないというメリットがあり、散骨を規制する法律や条例もないので自由に行えます。
ただし、散骨する際は後々のトラブルを避けるためにも遺骨を粉末状にしてから行うようにしましょう。
また、ペット火葬後の遺骨を骨壺に納めた状態で手元に置いておくという方も少なくありません。
近年はペット用の仏具も手軽に購入できるので、毎日お線香やお供えものをあげたいという方におすすめです。

悪質なペット火葬業者の特徴とは?

ペットは家族の一員として癒しを与え、人間の生活にはなくてはならないものとなってきています。
そのペットが亡くなった時、現在は埋葬する場所や庭などがないことから火葬をして手厚く供養をしてあげたい、と考える方が増えてきています。
この需要に対して、悪徳業者によるトラブルが増加しているので注意が必要です。
ペット火葬で悪質な事例の中で多いのが法外な料金を請求された、というものです。
電話やホームページで事前に確認した見積もりとは違い高額請求によるもので、追加料金を請求されたりするものです。
このような法外な金額請求は、火葬炉に入ってから行われる事例が多いのが特徴で、火葬炉に入れてからでは中断が難しいことや、支払わない場合は「生焼けの状態で返す」『返骨をしない」などと言われ拒否が出来ない状況を作ることにあります。
このような金銭トラブルは口頭のみのやり取りが多く、ペット火葬の個人業者にみられる事例です。
見積り、そしてしっかり契約書を作成し、内容確認を確実にして納得の上契約することが必要です。

ペット火葬を行う人はどれくらいいるの?

日本では約7割の割合でペット火葬を行う飼い主がいるとされています。
最近では、ペットを家族の一員として考えている人が増えていることや、人間と同じようにして供養したかったというひとが増えていることが挙げられます。
しかし、中には自宅の庭に埋葬したり、自治体へ持ち込んだという飼い主もいます。
自宅の庭の場合、費用が掛からないのが理由となったほか、自然に返したい思いがあったのと、一緒にいたかったという思いがあったそうです。
自治体の場合も、費用があまり掛からないというのも理由になっています。
その2つは費用がない、または少ないというものに安心しているようです。
次に海外のペット火葬について見てみましょう。
アメリカの場合、土葬と言われる棺のまま墓地に入れるやり方もありますが、日本と同じく火葬の方が一般的です。
次に中国の場合、ペットの葬儀会社はどちらかというと少ないですが、存在はしています。
理由として、裕福層を中心にペットブームが起こっていますが、まだそれが起きて間もないため、未だに会社を設立できていないことが挙げられます。
ペット火葬を行う行わないは自由ですが、ペットへの思いは忘れないようにしましょう。

ペット火葬に関する情報サイト
ペット火葬について知ろう

このサイトでは、昨今では当たり前となっているペット火葬について解説をしていきます。日本は先進国のなかでもペットを飼育するご家庭が多く、大切な家族と見なされる傾向です。人間よりも寿命が短く、出会いがあれば必ず別れの時も訪れるでしょう。その別れを丁重にするためには、専門の会社とサービスを活用することになります。どんな会社があって何をするのか、わからない事やよくある疑問についても見ていくので参考にして頂ければ幸いです。

Search